続 Google 音声入力を使ってみた

知識

1年半ほど前に Google 音声入力を使ってブログを書く内容をご紹介しましたが、それから Google の音声入力の精度がめちゃくちゃ上がっていることと、新しいマイクを購入して精度が上がったので、再度ご紹介します。

スポンサーリンク

ハード・ソフト両面からの精度向上

この今の内容も全てマイクから音声で入力しています。 句読点だけ追記で足していますが、後ほど修正点と見比べてみてください。とんでもない精度で入力ができています

前回の記事がこちらです。聞き取りミスがたくさんあったんですが、あれから1年半、Google の音声入力も精度が上がり、マイクの性能も上がったようで音声入力の手間が大きく減りました。

実は前回音声入力をご紹介してから、使ったり使わなかったりを繰り返したんですが、この精度が出るなら音声入力でブログを書く機会がもっと増えると思います。どう考えてもタイピングよりも早いです。

マイクのご紹介

今回購入したマイクはこちら。
このマイクは、この間あった Amazonのタイムセール祭りで買いました。 サイバーマンデーに引き続き今回も衝動買いを繰り返してしまったんですが、基本的にはお安いものしか買ってません。そのお安いものの中でも、このマイクは大当たりだったと思います。

マイク コンデンサーマイク iphoneマイク 高音質 ゲーム実況 ps4 スタンドマイク 【改良版】Plaisiureux

大きさはこの写真の通りで、マイク本体はすごく小さいです。

長さでいうとボールペンぐらい。こちらも小さいですがスタンドも付いていて、なんかプロのアーティストがレコーディングする時の黒い膜も付いてます。

これ何なんでしょうね息がかかんないようにするやつですかね。

接続は簡単

入力はオーディオプラグを挿すだけなのでドライバーやらなんだかんだとかは不要です。
またパソコンだけじゃなくてもプレステや任天堂スイッチでも使えるようです。僕はゲーム実況とかはしないので、今のところブログの音声入力に使うしかないですが、その他何か良い使い方があればまたご紹介します。

入力と文面の比較

というわけで今回は、 Google 音声入力を使ったブログ記事の更新の話をしました。
今回音声入力したデータとその修正点を分かるようにしてここに貼っつけてみます。
前回の記事と比べて大きく変化したことを感じてもらえると嬉しいです。
ぜひぜひ興味のある方はトライしてみてください。

赤字が変更箇所

ああ、もっと滑舌がよくなりたい。
では今回はこの辺りで。

コメント