高級醤油!「龍野の刻」を試してみた!

買い物

こんばんは、柊です。
今日はね、ちょっと感動したから報告をしようと思って。タイトル通りなんだけど、高級醤油というものを初めて試してみたのね。
こんなに違うものか!という感想。ちょっと食レポは苦手なんだけど、できるだけわかりやすく書いてみますね。

スポンサーリンク

「龍野の刻」という醤油

醤油と言えば、東のキッコーマンか西のヒガシマル醤油か、というところが有名なラインかと思うのですが、このヒガシマル醤油さんが、我が地元兵庫にあるんですよね。
で、その伝手で手に入れることができたのが、この「龍野の刻」というお醤油。

色がね、赤いんです。
普通ほら、醤油って黒いじゃないですか。
それが、赤いの。
ちょっとわかりにくいかもしれないので、光に当てた写真もつけてみます。

どうです?わかりにくいですかね(´・ω・`)
とにかく、赤いんです。
詳しい内容は、公式ページにありますね。

ヒガシマル醤油 通信販売 / 龍野乃刻
ヒガシマル醤油のこだわり商品をお手元にお届けします。

さすがに売り切れてますね。

所詮醤油なんでしょ?という間違い

「でもたかが醤油でしょ?」って意見もあるかと思うんですよ。

いやー、どんなものでもピンからキリまであるもんだなぁと改めて勉強になりました。
色、香り、味。すべてが500円1リットルの醤油とは違います。

まず色ですね。
さっきも言ったけど、赤いのよ、ほんとに。
公式サイトのレシピの写真見てもらっても分かるかと思うんですが、赤いんです。

ヒガシマル醤油 通信販売 / 刻_レシピ_鮭のきのこの包み焼き
ヒガシマル醤油のこだわり商品をお手元にお届けします。

次に香り。
醤油のツンとくる感じがぜんぜんないです。でもしっかり醤油感。これは不思議ですね。
芳醇な香りってのはこれのことか!、というのがわかりましたw

そして、味。しょっぱくない
これ、飲めって言われたら飲めますよ。もったいないから飲まないけど。
かけすぎても全然大丈夫。食材の邪魔をしませんね。これ。
といいながら、存在感はしっかりあるので、少量でも問題ないです。

まだ試していませんが、良いお刺身に使ってみたいですね。
手に入るのか、良いお刺身(´・ω・`)
そっちの方が問題ですね。
あー、寒ブリたべたい・・・。

まとめ

あんまり食レポ経験なくてごめんなさいw
誇張して書くと、中華一番レベルまで飛んでいってしまいそうなので、簡単に書いていってみました。

普段、お醤油に気を使うことって少ないと思うんですよ。
せいぜい、体のために使いすぎないように、とか。減塩醤油にしようか、とか。
ちょっと今回の出会いはカルチャーショックでしたね。
和食屋さんなんかで良いお醤油出されることはありますが、それは特別なものだと思ってましたからね。

今回の「龍野の刻」残念ながら、現在は品切れのようですが、再販されれば購入しようと思っています。
お値段でいうと。普通の醤油が1リットル500円くらいとして、310ml二本で1800円だから、6倍くらいのお値段。
醤油にしては高いけど、買い物としてのお値段的には高くない感じですね。
2000円でできる贅沢、ということで、皆様も是非是非お試しくださいませ。

では今回はこのあたりで。
皆様に良い醤油との出会いがありますように。

コメント