今更ながら、刀語面白いよね!

趣味

西尾維新の傑作って刀語だと思うんですよ。割りとマジで。
異論は認める。

スポンサーリンク

刀語

概要

『刀語』(カタナガタリ)は、西尾維新による日本のライトノベル作品。イラストは竹が担当。題字は平田弘史が担当。全12話で、作者初の時代小説となる。

wikipediaの刀語より

もう知ってる方の方が多いと思うんですが、楽しいんですよ、これ。活字もアニメも。
和風時代物。一応、江戸時代が近い設定ですね。

刀を持たない流派、虚刀流の7代目当主 鑢 七花 と 尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督 とがめ の刀集めの旅を描いた和風ファンタジー。
ファンタジーっつっても魔法も何も出てこないけどね。近いのあるけど、あれは忍術だから。きっと(´・ω・`)

12本の刀を集めるんだけど、その刀それぞれに所有者がいて、その所有者と戦い刀を集めていくストーリー。戦闘あり、笑いありの退屈しない作品ですね。

忍者あり、忍軍あり、怪力野生少女あり、侍あり、巫女あり、カラクリ少女(?)あり、ジョーカー的な無敵キャラあり。最後の戦いもガツっとくるかっこよさ!

参考動画

YouTubeでいくつかお世話になってる動画を貼りますね。
ネタバレ気にしない方は是非是非ごらんくださいませ。

本家ノイタミナ版OPを使ったMADムービー。
この曲、やっぱりカッコいいわー!

和テイストが千本桜に合いますね。
こちらもカッコいい。

視聴方法

小説もアニメもオススメなのですが、アニメだったらノイタミナ版という深夜枠で放送されていたものがHuluで見れますね。
僕も見たのはHuluなんですが、登録されている方は是非ご覧ください。
子どもたちはついてこれなかったですが、妻は一緒に見てくれましたよ(*^^*)

Huluの2週間無料登録はこちら

まだご覧になってない方は、今更感ありますが、一度観ておくことをおすすめします。
絵が独特の雰囲気で、僕は好きなんですが、気になる方は気になるそうです。上のムービー見て抵抗なければ是非是非。
僕は小説もアニメも見ましたが、アニメ版が好きですねー。中盤まではまったりと(といいつつ、戦闘シーンはすごいですし、マジかってなる仕掛けもたくさんあります。)、終盤以降は最後までドキドキさせる中身で、ここもマジか(´;ω;`) となる内容です。

もう一回見てみようかな。
では今回はこのあたりで。

小説版(Kindle)

小説版(紙媒体)

BlueRayBOXもあります。

コメント